重要性が高まりつつある|スポーツ整体で体の調子を整えよう|運動を続ける極意

スポーツ整体で体の調子を整えよう|運動を続ける極意

重要性が高まりつつある

男女

患者と社会をつなぐ

医療ソーシャルワーカーとは、病院などで働くソーシャルワーカーのことです。ソーシャルワーカーの業務は幅広く、大ざっぱにいうと患者と社会をつなぐ働きがあります。医療ソーシャルワーカーならば、患者が退院した後の介護やリハビリの手配や、地域で利用できる支援施設やサービスを探すこと、入院費用や通院費用などに利用できるサービスなどの紹介などが主なものになります。医療ソーシャルワーカー資格という資格は正式にはなく、働くに当たり資格は本来必須ではありません。しかし、医療ソーシャルワーカー資格として、社会福祉士や、社会福祉主事の資格が必要とされることが多いです。医療ソーシャルワーカー資格として専門のスタッフが配置されている病院は増えてきています。

資格は必須ではない

医療ソーシャルワーカー資格として働くには、資格は必須ではありません。しかし、病院のスタッフから医療ソーシャルワーカーという業務を任されることもありえます。その場合、あとから資格取得を促されることもあります。医療ソーシャルワーカー資格としては、社会福祉士が一般的です。社会福祉士の資格は国家資格であり、受験のためには知識とともに実習も必要となってきます。多くの場合、四年制の大学を卒業することで取得することになりますが、短大や専門学校、通信制のスクールなどでも受験資格を得ることは可能です。いずれの場合も、実習も必須となってくるのでその点は意識しておきましょう。働くに当たっては、患者の立場になってものごとを考える想像力も必要です。