スポーツ整体で体の調子を整えよう|運動を続ける極意

アスリート達の為の整体

整体

身体のメンテナンス

スポーツ整体は蓄積した疲労やダメージ、骨格の歪みや矯正などにより、アスリートが最高のパフォーマンスが出来るように身体のメンテナンスをする療法です。スポーツ整体の専門性とは、一般人が使わない筋肉や骨を酷使しているアスリート達を専門に施術することです。また、アスリートが抱える疲労や身体のダメージには個人差がある為、スポーツ整体の分野は解剖学や運動学、そして各競技に関する知識を身に付ける事が求められます。また、スポーツ整体はパフォーマンスをアップさせるだけが目的ではなく、怪我をしない為のコンディショニング作りに於いても重要な役目をしています。現在、スポーツ整体師は様々な分野のアスリート達に必要とされており、スポーツの現場ではなくてはならない存在となっています。

国家資格不要

スポーツに係わる仕事に付きたいと、スポーツ整体師を目指す方が増えています。スポーツ整体師を目指している方達の年齢や性別は様々で、専門のスクールなどに通い技術の習得に励んでいます。整体に近いものに、柔道整復師、鍼灸師、指圧師などがありますが、これらはみな国家資格が必要となります。しかし、スポーツ整体師を含む整体の分野は、国家資格が不要とされています。その為、国家資格を有する柔道整復師などのように社会に認めてもらうには、スクールで高い技術を取得することが必要となります。整体師育成スクールで学ぶ内容は数ヶ月で終了するものと、数年間掛かるものがあります。その差は習得する技術のレベルであり、短期間で終了するのはリラクゼーション系の技術であり、解剖学や運動学などを学び、高度な技術を身に付けるには数年の勉強が必要となります。

重要性が高まりつつある

男女

医療ソーシャルワーカー資格という資格はないですが、多くの場合社会福祉士や社会福祉主事といった資格を持つことが多いです。患者と社会をつなぐのが仕事です。資格をとるためには、大学や短大、専門学校、通信制スクールなどにいき、国家試験の受験資格をとらなければなりません。

もっと読む

やりがいのある仕事

ナース

看護士の資格を取るためには、様々な方法があります。看護専門学校や看護系短期大大学、看護系大学のどれかに入学し、看護士国家試験に合格する必要があります。看護士の給料は、大学卒業の方が高くなるという事実があります。また、保健師や助産師の資格も一緒に取ることができます。

もっと読む

教育目標がしっかり

看護師

ベルランド看護助産専門学校の教育目標の一つに、チーム医療に関するものがあります。看護師や助産師を始め、医療はチームで力を合わせて行うものですので、この基本をしっかりと教育していることは素晴らしい学校である証です。

もっと読む